オールウィン 岐阜本社 工場案内

オールウィンでは裁断から出荷まで一貫生産をしています。

生産の流れに沿って岐阜本社工場の衣料品部門をご紹介します。

裁断/CUTTING

オールウィンにはサンプル用・量産用の2つの裁断台があります。

サンプル裁断では裁ちバサミを使って丁寧に。

量産裁断では裁断機・バンドナイフを使って様々なパーツを丁寧かつクイックに裁断しています。

また、レーザーライトも完備しており、細かな柄合わせにも対応できます。

自動機は一切使用せず、昔から変わらぬ技術と品質で裁断しています。

縫製/SEWING

オールウィンでは創業時より一貫して立ちミシンでの縫製を行っております。

立ちミシンにすることにより、複数の工程を行いやすい生産環境となるだけでなく、

スペースの確保・高さ調節をすることによりオペレーターにとって最適な環境をつくることができるため、ムリ・ムラ・ムダのない生産が可能となります。

一見立ちっぱなしで疲労が溜まるイメージがありますが、

実は長時間座り俯いた体制が続く座りミシンに比べ、肩や腰の痛みは軽減されています。

特殊ミシン設備ももちろんあります。

ロックミシン各種・菊穴ミシン・メローミシン・ジグザグミシンなど、

様々なアイテムやデザインに対応できる設備が整っています。

後工程・まとめ/POST-PROCESS・HAND STITCH

後工程やまとめ作業も、もちろん社内で行っています。

シャツ穴かがりミシン・穴かがり各種・カンドメミシン・釦付けミシン等が揃っており、

お客様の要望に最大限お応えします。

手付け釦やまつり、ループつけなどの技術も全てのオペレーターが有しています。

検針/NEEDLE DETECTION

オールウィンでは、国内工場・海外工場問わず、針管理を怠ることは一切ありません。

生産過程で針が折れた場合には、1mm残らず探し出し、管理ノートへ貼り付け・詳細記入をし、針交換後の在庫の針の本数まで徹底管理をしています。

そして、作業中の商品を検針機に通し、異常がなければ作業再開となります。

縫い上げ後の検針・出荷前検針を必ず行い、安全安心なものづくりを徹底しています。

プレス仕上げ/PRESS

プレスとは洋服のお化粧です。

せっかく綺麗に縫い上げても、プレスの質が悪いと洋服の印象も悪くなってしまいます。

オールウィンでは中間アイロン台とは別にプレス用アイロン台を8台保有しており、

国内縫製品やセブ工場からの縫製品だけでなく、プレス・出荷のデリバリー業務も行っているため、プレス工場さんにも引けを取らない技術とスピードを有しています。

また、BOXプレス機や人体プレス機の設備もあるため、アイテム・素材に合わせた仕上げが可能です。

検品・出荷/INSPECTION・DELIVERY

プレス後の商品は2階のストックヤードに上げ、1枚1枚丁寧に検品作業をします。

万が一、不良箇所が見つかればすぐに修理をしてA品に格上げしており、

社内全体でB品率0%を目指しています。

そして出荷日、商品はバーにかけ1階へと降ろされ、綺麗なハンガー状態のままお客様の元へと出荷されます。

車両シート・生活雑貨 ライン

車両シート及び、生活雑貨品の生産では、アパレルで使用するミシンとは異なった総合送りミシンを使用するため、

オペレーターも含め、アパレルラインとは完全に分け、独立したラインとなっています。

日々の目標・実績を明確にデータ化し、生産効率を常に高めるべく生産しています。

年に2度ある監査も毎回合格をいただいています。

 

お問い合わせはコチラからお願いします。