採 用 情 報

オールウィン株式会社では

ALL WIN=Let's get win with all of us!=みんなで勝つ!を合言葉に、

当社の経営理念である

・ALL WINで働くすべての人の物心両面の幸福を追求する
・縫製という仕事を通し世界の人々の個性を創る
・私たちが生活し働いている国家・地域社会に貢献する

この理念を共に達成してくれる仲間を募集しています。

 

縫製は技術職ですが、自己判断による器用・不器用は一切問いません。

世界を相手に活躍する縫製職人さんも皆、ミシンペダル一踏みから始まりました。

私たちが一からしっかりと指導をおこないます。

 

数ある職人業の中でも縫製は、たったひとり縫製職人がいてもものづくりができません。

縫製品とは、チームで創り上げるものだからです。

サンプル製品を縫う人がいて、裁断をする人がいて、縫製ライン5人〜10人で各工程を縫い、それを組み立て、釦を付けたり仕上げプレス(アイロン)をかける人がいて、

ようやくひとつの製品が出来上がります。

 

たとえ洗練された技術があっても、それだけでは決して良い製品をつくり上げることはできないと私たちは考えています。

チームでやる上では、どこかにコミニュニケーション不足があれば、後に大きなトラブルにつながることが多くあります。

反対に、工程間の受け渡し時のほんの小さな気遣いによって生産性の向上につながることも多くあります。

 

私たちはたった1人のスーパーマンは求めていません。

他人に対して感謝や敬意を払い、人の言葉を素直に聞ける心を持ち、他責にすることなく、自分の任された仕事や学びに対して貪欲に追求できる人が私たちの求める人財です。

 

国内では衰退産業と言われる衣料品業界ですが、

衣料品が社会の中で求められなくなることはきっとないでしょう。

なぜなら、人間が服を着なくなることはないからです。

 

生活のための服、オシャレをするための服、服を着る理由は様々ですが、

縫製業が世界の人々にとって必要な業種であるのは間違いありません。

その中で当社は、自動車・生活雑貨の分野へも積極的に進出し、縫製工場の可能性を広げてきました。

 

縫製工場だからこそできることが必ずあるはずです。

縫製を通して、世界中の人々の生活に個性を添える。

それが私たちの夢です。

 

オールウィン株式会社 専務取締役 野呂 飛衣

キャリア

キャリアの一例をご紹介します。

フィリピン駐在者・・・

現地での通訳、品質向上のための教育指導・生産管理を行い、

岐阜本社とセブ工場をつなぐ架け橋となる。

休日にはビーチでサンセットを眺めながらマンゴージュースを飲む。

 

OEM営業担当・・・

東京などのアパレルメーカーに対しての営業業務。

無数にあるデザインの中から当社に合った製品の受注を勝ち取る。

仕様や納期などの商談だけでなく、新規のお客様に対して、自社の強みや素晴らしさを発信する。

自分の好きなブランドがあれば、ガツガツと仕事を取りにいく。

 

岐阜本社 工場責任者・・・

各部門(アパレル・車両シート・生活雑貨)ごとの工場責任者となる。

営業担当から情報を吸い上げ、時には交渉を行い、

サンプル作製・裁断・量産品、製造に関わる全ての管理や、技術指導をする。

工場責任者がいなければ工場はパンクし、途端に回らなくなる。

例えるなら監督、プロデューサー、パイロット、先生・・・である。

 

 

いずれも当社にはいなくてはならない非常に重要なポジションです。

大手メーカーとの取引が多数を占めるため、

自分が携わった製品を街やテレビなどで見かけることも多くあり、とてもやりがいのある仕事です。

また、その頃にはどんな製品でも自由自在に縫えるようになっているでしょう。

家族や友人に手作りのオリジナルジャケットをプレゼント、なんてこともできるかもしれません。

 

募集要項



Q&A

求人内容について、よくお問い合わせいただく質問をご紹介します。

 

Q: 従業員はみなさん日本人ですか?

A: 縫製オペレーターはセブ自社工場のフィリピン人がほとんどですが、

  日本人社員も同じように仕事をしています。

  日本人のみの縫製ラインを設けることが目標です。

 

 

Q: 日本人の方は何をやっていますか?

A: 管理業務だけでなく、縫製やプレス、検査などオペレーターと一緒に作業をしていま

  す。

皆、かつてオペレーターとして業務をしていた技術職人です。

 

 

Q: 縫製職人になるには何年かかりますか?

A: 衣料品に同じデザインの製品はほとんどありませんので、一昼一夜で職人にはなれま

  せん。

まずは、裁断を1年、縫製を2年、これを修行しながら品質の目線や縫製の知識の習得が必要です。

そこからがようやく職人への道のスタートだと考えています。

現在、職人と呼ばれている方々は、20年、30年と縫製をされてきた方々です。

 

 

Q: 業界未経験ですが、セブ工場の駐在員にはなれますか?

A: セブ工場の駐在員としての業務は、生産管理及び、技術指導なので、基本的には経験

者の方を募集していますが、未経験の方も一からしっかり学び、経験し、活躍できる場を用意しています。

 

 

Q: 外国人の多い職場は不安です。

A: フィリピン人は基本的には真面目で陽気な人ばかりです。

彼らも日本語を勉強していますし、フィリピンは英語が公用語なので、高校までの英語力で十分コミュニケーションはとれます。

考えようによっては無料で英会話の勉強ができるかも!?

もちろん、私たち日本人も同じように業務を行っています。

 

 

Q: パート希望ですが、時間の調整はしてもらえますか?

A: もちろんです。可能な限りご要望に沿って就業時間の調整をさせていただきます。

 

 

Q: 内職希望なのですが、仕事はありますか?

A: 毎日何個などの定期的な内職業務は難しいですが、事前にスケジュールの連絡を差し

上げ、内職をしていただくことは可能です。

業務内容・数量等も都度ご相談させていただきます。

(基本的にはボタン付けなどのまとめ業務や、サンプル作成です。)

 

 

Q: 縫製経験は少しだけありますが、長い間やっていないので自信がないです。

A: 一度お話を聞かせてください。

どの程度のご経験かによって、業務内容をご相談させていただきます。

 

 

Q: 立ちミシンだとすごく疲れそうで不安です。

A: 一見すると座りミシンのほうが楽な印象ですが、実際には1日中猫背で座ったままの

体勢が続くので、肩や腰への負荷がかなり大きくなります。

当社が立ちミシンにこだわるのは、工程間のタイムロスをなくしたい、少人数での生産のため1人2台程度のミシンを使い分ける、など様々ありますが、体への負担が少ないというのも大きな理由のひとつです。

初めのうちは足が疲れますが、一週間もすれば慣れてしまいます。

 

 

Q: 土曜出社はありますか?

A: 当社の年間カレンダーに沿って、土曜出社の日もあります。

日・祝・GWや夏季休暇、年末年始はお休みです。

 

 

Q: まだ迷っていますが、とりあえず見学に行ってもいいですか?

A: もちろん大歓迎です。見学されてからよく考えてお決めになってください。

 

 

Q: 縫製って楽しいんですか?

A: 縫製業の楽しさは一言では言い表せません。

都会のお姉さんが着るような煌めいた服を、眉間にしわを寄せた職人さんたちがああでもないこうでもないと考えながら作っています。

某高級ブランドバッグも欧米のおばあちゃん職人さんが作っているそうです。

この世にある縫製品は全て、どこかの誰かの手で縫われています。

そう考えると、料理と同じで、とても温かみのある仕事だと思います。

自分が手がけた商品を着ている(使っている)方を街やテレビなどで見かけると、

とても嬉しく、誇らしくなります。

 

 

お問い合わせはコチラからお願いします。